韓国ドラマ「花咲けダルスン(花を咲かせろダルスン)」のあらすじ116話〜120話(最終回)

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しますか?

韓国ドラマ「花咲けダルスン(花を咲かせろダルスン)」のあらすじ116話〜120話(最終回)

花咲けダルスン(花を咲かせろダルスン)のあらすじ

こんにちは♩
韓国ドラマ「花咲けダルスン(花を咲かせろダルスン)」のあらすじを116話〜120話までご紹介します♩

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ドラマ 花咲けダルスン(花を咲かせろダルスン) あらすじ・概要

靴職人として成長を続けている主人公のダルスン。

ある日父親と思い家族として過ごしてきた男が、実の父親を殺害した犯人だということを知ってしまい・・・。

父親だと思っていた男が憎き相手だとわかった日から、ダルスンが失っていた過去が紐解かれる!

韓国ドラマ 花咲けダルスンのあらすじ

花咲けダルスンのあらすじ111話〜115話

花咲けダルスン 116話のあらすじ

記憶のことで苦悩していたダルスン!
まだまだ記憶が安定しなくて混乱していたのです。

その頃、ホンジュは、ユンジェとの婚約を許してもらいたい!と思っていたのだった。
その為に、ソンギに会ったホンジュ。
泣きながら許してもらおうとしてて…。

そんな中、上司の投資を逃したくないテソン!
そこでテソンは、第2工場の敷地を契約する!と決めたのだが…。

花咲けダルスン 117話のあらすじ

テソンは、ソングゼファーを広くする!と決めたのだが..。
そんなテソンの計画は、即メディアに知れ渡ってしまったのです。
そして世間から~注目の的になったテソン!

その頃、ユンジェとホンジュ。2人は展示会の件で、お互いに互いに呼びかわして..。
ユンジェとホンジュの2人で、事業を始めないか?と話を持ちかけたのだった。

そんな中、ジェハに会ったダルスン!
ジェハに会って~なんだか?不思議で測り知れない雰囲気を感じていたダルスンだったが…。

花咲けダルスン 118話のあらすじ

ヨンファとハンス!たまたまテソンは、2人の出会いを見てしまったのです。
そんなテソンは、自分自身の苦境が、ヨンファとハンスの策略からスタートした!とわかったのだった。
そこで激怒していたテソン!
テソンは激怒しながらも~今の現状から抜け出そう!としていたのです。
その為に、あらゆる計画を考案しはじめて..。

そんな中、見守っていたジェハ!
そこでジェハは、最終的にソング靴と接触し始めたのだが…。

一方、ジェハと会ったダルスン!
ジェハのキーホルダーを贈って..。

スポンサーリンク

花咲けダルスン 119話のあらすじ

ジェハにもンファの事故のニュースが舞い込んできました!
ショックなジェハ!

そんな中、テソンは、ヨンファが回復するのを恐怖に感じてて..。
もし回復した時は、全部の悪事がバレてしまうのを恐れていたのだった。

その頃、ダルスンは、記憶のことで混乱していたのです。
その記憶を、ちゃんと整えたい!と思い..。
ウンソルが失踪した事件の担当者に詳細を聞きに警察へ出向いたダルスン!

花咲けダルスン 120話のあらすじ

ダルスンはテソンの本当の姿を知ってしまう。
弱みを握られたテソンだが、それまでと同じようにダルスンに接するのだった。

一方、テソンの家の周囲を詮索していたハンス。
それを中村に見つかってしまい、テソンにまで報告されてしまう。

そんな中、テソンが本当に父親だったと知ったダルスン。
その事実を受け止める事が出来ずにいたダルスンだったが・・・

花咲けダルスンのあらすじ全話一覧

最近の韓国ドラマ一覧

韓国ドラマ情報

2016年に放送された韓国ドラマのあらすじや視聴率、動画配信状況はどはこちらの一覧が便利です。
→2016年韓国ドラマ

2017年に放送されている韓国ドラマのあらすじや視聴率一覧です。
今年の最高視聴率はどのドラマが獲得するのか楽しみですね。
→2017年韓国ドラマ

韓国ドラマ見放題!オススメのサービス

最新の韓国ドラマ配信が早く、ドラマタイトルも他社より飛び抜けて多いのがU-NEXT!
韓国ドラマ以外でも、最新映画はレンタルと同時配信!
地上波ドラマを追っかけ配信!
魅力たっぷりのオススメサービスです。

U-NEXTのライバル社!価格重視ならHuluです!

動画サイトで迷ったら?

動画サイト気になるけど・・・どこが良いかわからない。
動画配信サイトについて詳しく紹介しています。
韓国ドラマを動画サイトで見る方法は?

韓国ドラマ「花咲けダルスン(花を咲かせろダルスン)」のあらすじ116話〜120話(最終回)

韓国ドラマの最新情報やニュースを配信中!
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow